いざという時に味方になってくれたらそれがいい。

あれ!!財布にお金がない。 そんな経験を今までされた人って多いと思います。今では銀行カードがあればコンビニでいつでも下ろせる。でも残高がなかったら下ろせない。 当たり前のことです。 キャッシングってなんかそういう無人のコーナーに入っていくのが恥ずかしい、後ろめたいと思ったり、無論、口には出さなくても街でそういう人を見かけたら 「大変なんだなー、お金に困っているのかなー」って思った人はきっといるはずです。 ただ昔も今も大事な人にサプライズプレゼントしたいとか「今しなければ後悔する。」なんて思っても決められたお小遣いがあるとするならばキャッシングしてでも 大事な人、お世話になった人に気持ちを形にすることが大切な時もある。最近はないんですかね。 例えば、主導権が彼氏、彼女のどちらかのデートだとして、「今日のデートは飛びきりのデートに!!」と予想外の展開に発展していく。 でもお金(残金)も予想外。 「思い出デート」も、あと1万円あったら!?と、この冒険というか、「今何とかしないと」という時は大きな味方になってくれると私は思います。 でもそれが常時行われ麻痺すると後でとんでもないことになりかねない。ちゃんと請求書、支払期限は守るのは当然で「借りたものは返す」 海外だと現金は相変わらず危険というイメージは拭えない。長期ならトラベラーズチェックでも良いのだろうがカードって信販系のカードは持っていても意外と使用していない ような気がしますね。現金主義日本。というイメージは僕の中では強いです。キャッシングという話から多少それますが世界で使われているカードはレンタカーを借りる証明とか 世界で活躍するのなら持っていて使ったほうが安心と言えば安心ですね。 ただ買い物と違って利子がつくので、早いうちに振り込み返金するべきだと思います。それこそインターネットバンクで返金しましょう!! ただ私の考えはタイトル通り「いざという時」 この「いざ」があなたにとって本当に「いざ」なのかを見極めてこそキャッシングの魅力であり味方にもなってくれると思っています。 今日中に借りたい